Huion Kamvas pro 13 使用感

セールで買ったHuionのKamvas pro 13、ある程度触ったので使用感を書いて置く事にします。
ちなみに比較対象はSurface pro4です。pro4のペンは正直アレなのであまり比較になってないという噂。

視差について
ペン先とディスプレイ上のポインタのずれは気にならない程度です。
ただし、ペン先自体が太いので狙った場所に描けるかというと何とも言えない気分。皆どうしてるんだろう。

筆圧感知
特に違和感なし。比較対象がSurface pro4なので、たぶん大半のデバイスはそうなる

傾き検知
pro4に無い機能。
クリスタで試した所、確かに機能しているのだが感度がおかしい。クリスタの初期設定ではほぼ動かず、設定で90度付近の影響を大きくすれば機能する。
おかしいのはクリスタか、ハードか、ドライバか。

ペン挙動
ゴーストタッチのような挙動が多い。部屋が寒いと頻発する感じ(冬)、部屋が暖まった上で電源入れて本体が暖まればほぼ無くなる。
つまり寒いと酷いことになる。

全個体こんな感じなのか

kamvas pro 13 のゴーストタッチみたいな挙動

エクスプレスキーとか
本体横にある4つのボタンとタッチバー。正直言って使ってないので何とも言えない。
最初タッチバーでクリスタのキャンバス回転させようとしたけど、微妙だったのでやってない

その他
usb-cのケーブルはわりと太い。
ペン立ては横におけるけど、不安定なので立てたほうがいいと思う。
ペンはすごい滑る。cintiq 13用のペーパーライクフィルム張ってます。
付属スタンドは下部の保持部分が小さい+本体裏が丸い関係上不意に滑って行く。