Kamvas pro 13 その2

以前書いてた内容に追加する程度
単に書き忘れた内容とか、新たに思った点とか

液タブの表面加工について
液タブの表面はある程度ザラザラとした加工がしてある
とは言え以前「すごい滑る」と書いた通り、ツルツルよりはマシなレベル
それ以上に問題なのが、表面加工にムラがある事。手持ちの個体は中央左寄りの部分の加工が甘く、その部分は本当にツルツルです

ハードウェア(特にエクスプレスキー)に関して思うこと
商品画像を見てみるとわかるけど、上下非対称です。
何かしらの理由で180度ひっくり返して使う、という場合には影響が出るので注意が必要な感じですね、特に電源ボタンとタッチセンサーの挙動切り替えボタンは入れ替え不可能なので同じ使い勝手にはできません。

色・視野角
色はだいぶ青っぽい気がします。というか、Surface pro4比較だとがっつり青いです。
視野角は178度あると公式に書いてありますが、たぶんもっと狭いんじゃないかなと。メーカーによって基準も違うし、人によって気になる閾値も違うので、こればかりは試して判断するしかない感じです。

発熱
冬場では特に発熱が問題になることはなし。
夏場にならないと最終的な判断はできない部分だけど…

傾いた時の筆圧
ペンを傾かせたときに、筆圧が入りにくいです。物理的な話で言えば、当たり前、で終わる話。とはいえ、傾かせたときにはかなり筆圧が抜けます。
どれ位というのは難しいけど、設定を確認するまで傾き検知で筆圧にマイナス補正乗ると思ってた位には筆圧が抜けてました。

その他
利用時は付属のスタンドを利用して、ある程度傾けています。上記の通り実際の視野角は狭いので、机にそのまま置いてしまうと見難くて無理です。
13インチでフルHDと言うことでUIが細かくなりすぎないか気になってたけど、最終的には表示倍率100%でも問題無しで落ち着いています。ちなみにSurfaceで倍率100%にすると見えないしボタン押せない。

またなんか気付いたら追加するかも

Huion Kamvas pro 13 使用感

セールで買ったHuionのKamvas pro 13、ある程度触ったので使用感を書いて置く事にします。
ちなみに比較対象はSurface pro4です。pro4のペンは正直アレなのであまり比較になってないという噂。

視差について
ペン先とディスプレイ上のポインタのずれは気にならない程度です。
ただし、ペン先自体が太いので狙った場所に描けるかというと何とも言えない気分。皆どうしてるんだろう。

筆圧感知
特に違和感なし。比較対象がSurface pro4なので、たぶん大半のデバイスはそうなる

傾き検知
pro4に無い機能。
クリスタで試した所、確かに機能しているのだが感度がおかしい。クリスタの初期設定ではほぼ動かず、設定で90度付近の影響を大きくすれば機能する。
おかしいのはクリスタか、ハードか、ドライバか。

ペン挙動
ゴーストタッチのような挙動が多い。部屋が寒いと頻発する感じ(冬)、部屋が暖まった上で電源入れて本体が暖まればほぼ無くなる。
つまり寒いと酷いことになる。

全個体こんな感じなのか

kamvas pro 13 のゴーストタッチみたいな挙動

エクスプレスキーとか
本体横にある4つのボタンとタッチバー。正直言って使ってないので何とも言えない。
最初タッチバーでクリスタのキャンバス回転させようとしたけど、微妙だったのでやってない

その他
usb-cのケーブルはわりと太い。
ペン立ては横におけるけど、不安定なので立てたほうがいいと思う。
ペンはすごい滑る。cintiq 13用のペーパーライクフィルム張ってます。
付属スタンドは下部の保持部分が小さい+本体裏が丸い関係上不意に滑って行く。